上半身を短期間で太らせる方法とは

体の線を太くしていきたい、服をきちんと着こなせるようになりたいという願いを持っている女性もいます。

 

特に、女性の場合は上半身がガリガリに痩せていると、貧相にも見えてしまいます。

 

そこで、日々の生活も意識しながら簡単に続けられるプランプというサプリメントで、上半身をはじめとした全身の体の線を太くしていきましょう。

 

上半身が細くなる原因とは

上半身が主に細くて幼児体型に見られてしまうという人は、胃腸の弱さが原因になっている可能性が高いです。

 

ここでは、胃腸の弱さと上半身の細さについて解説します。

 

胃腸の弱さが原因になっていることが多い

体が細い人は胃腸が弱いというケースが多いです。

 

胃腸が弱いということは、普段からたくさん食べ物を食べられない、すぐにお腹を壊してしまうといった特徴があります。

 

そして、胃腸の働きが弱いという点から食べたものを消化・吸収する力も弱くなっていると言えます。

 

そのため、胃腸が弱いと量を食べても太ることができず、体が細いままなのです。

 

胃腸が弱いのは体質でもあります。胃腸が弱いと食べ物からの栄養をうまく吸収することができません。

 

胃酸が逆流する、胃が痛い、胃が重たいといった不調を感じると、しっかり食べることができないため太れません。

 

胃腸の調子は健康を左右するので、体型にも直結します。

 

今なかなか太れないと悩んでいる人は、きっと胃腸の弱さも関係しているでしょう。

 

胃腸に負担をかけずに丈夫にしていくようにしたいです。

 

上半身を太くする手段

上半身を太くしてふっくらとした女性らしい体つきになるためには、日々の食事が何よりも大事です。

 

ここでは、栄養をしっかり摂取していくことを中心に見ていきます。

 

栄養の偏り改善と吸収力の向上を目指しましょう

太れない体質の人は食が細いだけでなく、食べ物から摂取する栄養に偏りが生じている場合もあります。

 

そこで、栄養をしっかり摂取して吸収力を高めていくようにしたいです。

 

甘いものを食べると簡単に太ることはできますが、これは健康的ではありません。

 

そこで、食事の際にもバランスよく栄養のあるものを食べるようにしたいです。

 

まず、必要なのが発酵食品です。発酵食品は胃腸を整える役割もあります。

 

納豆やチーズ、味噌、キムチ、漬物など私たちの食事の中でも身近なものが多くあります。

 

発酵食品には酵素が豊富に含まれているので、食べたものの消化と吸収を早めてくれます。

 

日本人の口に合う和食を心がけると、この発酵食品は十分食べることができるでしょう。

 

次に、体を温める食材も意識して摂取したいです。

 

体を温める食材には、生姜や唐辛子があります。

 

体が温まると全身の血行が良くなります。血行が良くなると体温が上がるので、消化と吸収も促進されます。

 

そして、自然と食欲も沸くようになるので、食べる量が少しずつ増えてくるでしょう。

 

体を温める食材は積極的に食べるようにしたいですが、反対に体を冷やす食べ物は食べ過ぎないようにしましょう。

 

体が冷えると血行が悪くなり、胃腸をはじめとした臓器の働きも鈍くなります。

 

これでは上半身を太くしたい時に逆効果となってしまうので注意しましょう。

 

もう1つ、太るために欠かせないものがあります。

 

それが、タンパク質です。

 

タンパク質は体の細胞を作る役割があるので、日々の食事の中でもしっかり食べるようにしたいです。

 

中でもおすすめなのが、魚類や鶏肉です。

 

必須アミノ酸を豊富に含んでおり、タンパク質も含まれているので太りやすい体になります。

 

食材や栄養素を把握したら、食べる時間やタイミングも見直してみましょう。

 

1日3食が基本ですが、中でも一番栄養素を吸収できるのが夕食と言われています。

 

よって、夕食で栄養のあるものをしっかり食べておくと、体に吸収されやすいのです。

 

炭水化物から食べ始めて、お肉や魚などを使った主菜、煮物や汁物といった副菜の順で食べると、血糖値が上がるのでエネルギーへとなります。

 

糖尿病の人には絶対にNGな食べ方ですが、太りたい人にとっては有効な方法となります。

 

そして、間食も食事の合間に挟んでみましょう。

 

一度にたくさんの量を食べられない時には、合間にちょっとずつ口にするのがおすすめです。

 

だからといって甘いお菓子を好きなだけ食べていては栄養が偏ってしまうので、チョコレートなどの甘いものはたまに食べることにして、くるみやアーモンドなどのナッツ類で栄養も摂取していきましょう。

 

ドライフルーツもおすすめです。

 

1日3食の食事でしっかり食べながら、間食で体に良いものを補給するという姿勢で過ごしていると徐々に体は健康的になっていくでしょう。

 

ただし、夜遅くの間食は胃腸に負担がかかるので控えるようにしてくださいね。

 

まずはサプリで体質改善を

元から痩せている体質の人は食が細かったり、食べても食べても変化がないと感じていることが多いです。

 

そんな中、ずっと食事を意識して作って食べることは難しいです。

 

学校や仕事、家事に育児など、人それぞれ抱えている状況が違うため、生活環境もさまざまです。

 

そんな時は、毎日簡単に続けられるサプリメントを利用するのも1つの手段です。

 

サプリメントといえば痩せたい人向けのダイエットサプリが有名です。

 

そして、太くなれるサプリメントなんてあるの?と思われてしまいますが、実在するんです。

 

それが、プランプです。太りたい人向けのサプリメントです。

 

プランプには7種類の消化酵素と4種類のハーブが入っています。

 

これら11種類の成分によって、栄養素が確実に吸収されるようになっています。

 

さらに、プランプにはバイオペリンという成分が凝縮して配合されているため、栄養吸収率がぐんと上がります。

 

科学的にも栄養を吸収する力に優れていると実証されている成分が、プランプには入っているんです。

 

ハーブが入っているので、胃腸や気分が優れない時にも落ち着くことができると好評です。

 

ハーブのおかげで、心身のバランスが保たれていると感じている人が多いようです。

 

消化酵素もしっかり入っているので、体の栄養となる成分が浸透していってくれます。

 

プランプを飲んでいる時と飲んでいない時とでは体調が違う、今までよりも元気になってきたと答える人も増えています。

 

このような良い変化を感じ始めると、だんだん体つきにも変化が現れます。

 

ガリガリだったのが、少しお肉がついてきたと感じるようになります。

 

上半身においては二の腕やお腹あたりに脂肪がついてくるのを感じられるでしょう。

 

上半身がふっくらすると、水着を着る時も堂々とできるので嬉しいですね。

 

ふっくらした体型の女子が好きという男子も多いので、プランプの力を借りてつい触りたくなるようなふっくらボディを目指しましょう。

 

プランプは通販でしか購入することができませんが、初回はお得に購入できたり、定期購入にすれば割引も適用されるのでリーズナブルな価格で続けられます。

 

まずは、初回半額でプランプをゲットして飲んでみましょう。

 

まとめ

上半身がふっくらしていると女性らしい体つきに見えます。

 

反対にガリガリに痩せていると、貧相に見えたり男性の体のように見えることもあります。

 

そんな悩みを解決するのに活躍してくれるのが、プランプです。

 

基本の食事で栄養素を補給していきながら、プランプでも補っていくことでふっくらボディに近づけます。

 

毎日飲み続けると、上半身をはじめとした他の部位においても脂肪がついてくるのを実感できます。

 

ぜひ、プランプで理想のボディになって、女性らしくいろんな服を着こなせるようになりましょう。